飲料化装置

地下水及び工業用水利用型膜ろ過装置

 飲料水造水システムは、井戸から汲み上げた地下水や工業用水をMF膜・UF膜・RO膜にて処理し、水道水よりも高品質な飲料水に変えるシステムです。懸濁物質・細菌類の除去に優れています。



地下水及び工業用水処理方法


特長

設備をユニット化して搬入しますので、工期が短く導入コストも抑えられます。
通常、凝集剤を必要としないため、ランニングコストが抑えられます。
自動運転のため維持管理が極めて簡便ですので、供給を水道水から切り替えても煩わしさはありません。
低コストで造水でき、水道水のみを使用する場合に比べてコストが大幅に低減でき、安全でおいしい水を提供致します。

MF膜、UF膜、RO膜について

膜ろ過装置は、クリプトスポリジウムをはじめ菌類の除去に極めて優れています。
MF膜(精密ろ過膜)及びUF膜(限外ろ過膜)は、原水中に含まれる懸濁質、コロイド粒子を高精度で分離するため、 飲料水造水装置用の膜として幅広く使用されています。
RO膜(逆浸透膜)は、水は通すがイオンや低分子物を通しにくいという性質を有する半透膜です。
この半透膜の性能を利用して得られるろ過水は、超純水や電子・製薬・食品等製造に用いる際の造水に用いられます。

不純物の大きさと分離方法

ろ過膜装置の施工例

  お客様設備に合わせて、モジュールタイプ、タンクタイプでの設置が可能です。

モジュールタイプ
タンクタイプ